2人目 子供 不妊

二人目が欲しいがなかなかできなかった

 

 

漠然と二人目が欲しいという願望はあったが、一人目の育児でいっぱいいっぱいで二人目を作ろうと思う機会がなかった。それでも、まわりで二人目がお腹にいるよーというハナシを聞くと、アー作らなくちゃ!という感じだった。いま振り返ってみれば、産後レスという状態だったのだと思う。作らなくちゃという義務感だけで、一人目がとなりでスヤスヤと寝ている中、今更 男女関係を構築する気分にもなれず、夫も仕事上の責任が増える時期だったので、SEXしようにも、その体力が…という感じで、すべてのタイミングをあわせることが難しかった。結局、子供を作るためだけの義務的な数回のSEXで妊娠することができた。もし、どちらかに不妊傾向があって、何回か…のトライではなく、何年も…のトライが必要だったら、我が家に二人目が授かることはなかったと思う。もし、子供を作るためのSEXではなく、夫婦の信頼関係のためのSEXをする二人だったら、二人目不妊と思うことはなかったように思う。

検索はしなかった

 

 

上の項目で書いたように、我が家の場合は数回のSEXで妊娠することができたので、解決が難しいというほど悩むことはなかった。もし、どちらかに不妊傾向があって、何回か…のトライではなく、何年も…のトライが必要だったら…私たち夫婦に関しては、不妊のためにクリニック通いをすることになったような気がする。不妊クリニックに通って、気持ちではなく、体のサイクルにあわせたSEXをお互いが強要することで、夫婦の信頼関係のためのSEXから益々遠ざかっていったかもしれない。 私たち夫婦には、それほどのエネルギーを持っていなかったと思うので、二人目がなんでできないんだ!と焦る妻と、そういう妻をうるさく思う夫…ということで、夫婦の危機もあったかもしれない。私たち夫婦の存在意義は、子供の父と母として成り立っているので、二人作れなかった…という敗北感を感じながら、第1子の成長だけを見つめながら過ごしていくことになったのでは。

こんな記事も読まれています♪